荻田伍(おぎたひとし)アサヒビール社長『カンブリア宮殿』スーパードライ 萩田伍

11月16日と11月23日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、アサヒビール代表取締役社長を務める荻田伍(おぎた ひとし)さんが出演。
荻田社長のプロフィール(経歴)は、1942年福岡県生まれ、1965年に九州大学経済学部を卒業後、アサヒビールに入社、長野支店長、茨城支店長、福岡支社長、取締役、常務執行役員、専務執行役員を経て、2003年にアサヒ飲料の代表取締役社長に就任、2006年からアサヒビール代表取締役社長を務めています。
大塚英樹さんの『社長は知っている』で荻田社長が取り上げられています。
2003年に社長に就任したアサヒ飲料は、当時3期連続の赤字に陥っていたそうですが、荻田社長は落ち込んでいた「三ツ矢サイダー」等の主力商品を徹底した顧客目線で甦らせました。すると、荻田社長が就任した年から黒字に転換してV字回復を果たしたそうです。その実績を買われて、2006年にアサヒビールの社長に就任しました。