マニー会長の松谷貫司(まつたにかんじ)『カンブリア宮殿』栃木県・宇都宮市の手術針

1月25日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、マニー会長の松谷貫司(まつたに かんじ)さんが出演。
松谷会長のプロフィール(経歴)は、1940年東京都生まれ、小学校入学前に栃木県に疎開、1959年に化学研究所で実験助手を1年間務めました。1964年に千葉大学工学部を卒業、松谷製作所(現・マニー株式会社)入社、1986年に社長に就任、2007年に取締役会議長兼代表執行役会長に就任しています。
マニーは栃木県の宇都宮市にある手術針のメーカーで国内シェアは9割、世界120カ国の医者たちから圧倒的な支持を得ているそうです。外科治療器具のほか、歯医者で歯の根管治療に使用する「リーマ・ファイル」や白内障手術で使う「眼科ナイフ」など歯科や眼科の治療器具も製造しているそうです。