雪国まいたけ社長の大平喜信(おおだいら よしのぶ)『カンブリア宮殿』

4月19日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、雪国まいたけ代表取締役社長を務める大平喜信(おおだいらよしのぶ)さんが出演。
大平社長のプロフィール(経歴)は、1948年2月4日生まれ、新潟県南魚沼郡六日町(現・南魚沼市)出身、中学校を卒業後、神奈川県川崎市の両角工務店に3年間勤めて帰郷、農業で2年間、理研電具製造の工場に6年間勤務して1975年に大平もやし店を創業、1982年まいたけ栽培を開始して翌年に株式会社雪国まいたけ設立、取締役に就任しました。
鶴蒔靖夫著『雪国まいたけの“脱常識”経営 不可能を可能にする新価値創造への挑戦』という本が出ています。
番組では人工的に大量生産することは不可能とされてきたマイタケの大量人工栽培に成功した大平社長の"成功の方程式"を明かします。