子ども料理長の大槻拓摩くん『からくりテレビ』熱中少年物語&料理人の林裕人

5月2日のTBS『さんまのスーパーからくりTV』の「からくり熱中少年物語」は追跡編で、今年の正月に放送された『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』に登場した大槻拓摩くん6歳。
同番組で、料理長になってイベリコ豚の料理を友美ちゃんに振る舞ってプロポーズしたいと、料理人の林裕人先生たち一流のシェフを弟子に従え料理長として奮闘、プロポーズも成功しました。
しかし、その後拓摩くんがチューを迫ったことがきっかけで破局してしまったそうです。
今回、友達の壱汰くんに拓摩くんの料理を食べたいと言われていて、大好きな栞奈ちゃんもカレーを食べたいと希望があり、林先生にお願いしました。
どんなカレーを作るか試食、神田ルー・ド・メールでは特製ビーフカレーとドライカレー オムレツのせ、ジャスミンタイ レストラン 六本木本店では鶏肉のグリーンカレー(ゲェーンキョワーンガイ)とエビのすり身揚げ(トートマンクン)、インドレストランのSITAAR(シターラ)ではバターチキンカレーとサンバルカレーを食べました。拓摩くんに「ジャムおじさんみたいだね」と言われたシターラの総料理長、モハメッド・フセインさんとともにカレーを作ることになりました。