物語コーポレーション社長の小林佳雄(こばやし よしお)『カンブリア宮殿』

5月17日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、「焼肉一番カルビ」「丸源ラーメン」「お好み焼本舗」など飲食フランチャイズを全国展開する物語コーポレーション代表取締役社長を務める小林佳雄(こばやしよしお)さんが出演。
小林社長のプロフィール(経歴)は、1949年愛知県生まれ、1973年に慶応大学商学部を卒業、働く意味を見いだせず就職試験で全敗、フランス料理店「コックドール」や日本料理「みなと」で修行、1975年に母親の営む飲食店「げんじ」を手伝うようになり、31歳で社長に就任。しかし、おでん、天ぷら、わっぱ飯の3店舗はすべて赤字だったことを始めて知りました。米国産牛肉の輸入拡大に合わせて郊外型焼き肉店や幅広いメニューをそろえたラーメン店を出店。しかし、BSE問題で思うように牛肉の調達ができなくなり、再び経営が悪化。それでも、ラーメン店が経営を支え、危機を乗り切りました。現在、「丸源ラーメン」「焼肉一番カルビ」食べ放題の「焼肉きんぐ」など170店を展開、年商120億円、4期連続で増収増益を記録しています。
生涯顧客が生まれる101のマジック』という本で、物語コーポレーションが取り上げられています。