パティシエの柳正司(やなぎ ただし)『ソロモン流』パティスリータダシヤナギのケーキ

2月6日のテレビ東京『ソロモン流』は、パティシエの柳正司(やなぎただし)さんが出演。
柳さんのプロフィール(経歴)は、1954年4月25日生まれ、群馬県出身、高崎調理専門学校を卒業、銀座三笠会館、ピュイダムールを経て、1983年にクレッセントのシェフパティシエに就任、約15年間勤務しました。その間に数々のコンクールに入賞、1996年にクレッセント専務取締役総料理長に就任、1998年に神奈川県海老名市に「パティスリータダシヤナギ」をオープンしました。日本菓子専門学校講師や東京製菓学校講師も務めています。著書に『展開するチョコレート―味、食感、色、形のかぎりない変化』があります。
番組では、お薦めのフレンチレストランや新しいスイーツの誕生秘話が放送されます。