越智直正(おち なおまさ)タビオ会長『カンブリア宮殿』靴下屋

4月7日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、タビオの会長を務める越智直正(おちなおまさ)さんが出演。
越智会長のプロフィール(経歴)は、1939年愛媛県生まれ、中学を卒業後に大阪の靴下問屋に丁稚奉公へ、28歳の時に独立して靴下専門卸問屋ダンソックスを創業、5年目に借金が7000万円まで膨らんだのを契機に「売れるものを売れるだけつくる」というQRの原理を思いつき、自ら販売を行うことを決意、1982年に神戸に直営店をオープンさせ小売へ進出、1984年には「靴下屋」フランチャイズの一号店をオープン、2000年に大阪証券取引所市場第2部に上場、2002年にはイギリスのロンドンへ出店、2006年に株式会社ダンからタビオ株式会社に変更、2009年にフランスのパリへ出店しています。
著書に『男児 志を立つ―実践漢詩五十撰』があります。