万協製薬社長の松浦信男(まつうら のぶお)『カンブリア宮殿』三重

5月26日のテレビ東京『カンブリア宮殿』は、外用薬(クリーム剤・軟膏剤・液剤)専門の受託メーカー、万協製薬の代表取締役社長を務める松浦信男(まつうらのぶお)さんが出演。
松浦社長のプロフィール(経歴)は、1962年兵庫県神戸市生まれ、1982年に万協製薬に入社、徳島文理大薬学部で薬剤師の資格を取得、1996年に社長に就任、本社・工場を三重県に移転しました。
三重に移転後は、得意のクリームや軟膏などの外用薬をOEMで製造、ハンドクリームや消炎剤、かゆみ止め、水虫薬などの商品を次々と独自開発して製薬会社にすぐに販売できる完成品として提案してきたそうです。そして、大手製薬会社から薬局のPB製品まで、国内65社の商品200種類をOEM生産する企業になりました。