左官職人の久住有生『ソロモン流』

1月22日のテレビ東京『ソロモン流』は、左官職人の久住有生(くすみ なおき)さんが出演(佐勘ではありません)。
久住有生さんのプロフィール(経歴)は、 1972年淡路島に生まれ、3歳から鏝(こて)を握る、18歳から各地へ修行に出て、様々な親方から左官技術を学んで23歳で独立して「久住直生左官」を立ち上げる、ドイツやフランスなど海外経験も豊富で、海外での日本の文化財建築の現場でも腕を磨き、高い左官技術と独創的なアイデアで大きな評価を得ています。
XKHOME特別編集『新世代100人の仕事』で久住さんが取り上げられています。
番組では、現在改装中の東京大手町にあるパレスホテルの現場に完全密着、淡路島では壁を芸術の域にまで高めた久住さんのデザインのルーツに迫るほか、個性溢れる作品と表情豊かな土壁の魅力を紹介します。