千葉祐士 門崎熟成肉の格之進『カンブリア宮殿』プロフェッショナルの千葉ますおさん直送

3月16日の『カンブリア宮殿』(ガイアの夜明けではありません)は、岩手県一関市にある門崎の社長の千葉祐士(ちば ますお)さんが出演。
千葉祐士さんの経歴は、1971年岩手県一関市生まれ、東北学院大学経済学部商学科を卒業、大倉工業に勤務、脱サラして地元に戻り、1999年4月から外食事業を展開して五代格之進を開業しました。現在はA5ランクの肉ではなく独自の熟成肉「門崎熟成肉」の牛肉販売、卸・食品加工、「格之進」の焼き肉店の店名は、練馬区桜台にある格之進TOKYO、六本木の格之進Fや格之進R、富ヶ谷の格之進Rtなどの店舗運営、飲食店運営サポート事業、牛肉の啓蒙活動や講演を行っています。千葉マスオさんは「肉フェス」4大会連続で総合優勝しています。著書に『熟成・希少部位・塊焼き 日本の宝・和牛の真髄を食らい尽くす』があります。
品川シーズンテラスにあるレストラン「BUTCHER NYC CRAFT BEER & WINE / BBQ & GRILL 品川シーズンテラス」では、黒毛和牛門崎熟成肉やホルスタイン枯らし熟成のLボーンを直送で仕入れています。
櫻井有吉アブナイ夜会で登場した格之進のハンバーグやメンチカツなど楽天の通販で取り寄せ。
格之進メンチカツは、黒毛和牛+白金豚+塩麹、格之進オリジナルの「純天然 純天然 オール岩手の塩麹」、国産小麦のオリジナルパン粉を使用、食べ方や揚げ方は、油を170〜180℃に温め、 冷凍のまま約5分間揚げて、キツネ色になるまで揚げます。