謎の演歌歌手ゆうかりしずる 正体は誰?何者?

ラジオ FM NACK5『ゴゴモンズ』で誕生した「人生たまたま…さいたまで」を歌うさくまひできとゆうかりしずるは、埼玉出身のシンガーソングライターさくまひでき(佐久間英記)と謎の演歌歌手ゆうかりしずる(ゆうかりしずく ではありません)が歌っていますが、ゆうかりしずるとは誰なのかほとんど情報がありません。
話し方は素人ではなく芸能人っぽい、トークも下手ではないものの、歌唱力は演歌歌手という感じがしません。プロフィールは群馬県出身、持ち歌は「恥骨という名のスナックで」、それ以外Wikipediaや所属事務所などの情報はありません。画像はCDのジャケット写真などで確認できます。
さくまひできとゆうかりしずるの商品を楽天市場で検索
そこで、ゴゴモンズの女性スタッフではないかと推測できるいくつかの情報をまとめてみました。
・「人生たまたま…さいたまで」「いばらキラキラ…茨城」の作詞は、しまざきしんいち(ゴゴモンズ放送作家のザキシマさんこと島崎伸一)
・ゆうかりしずるのリサイタル公演に出没するという設定の「ハタノユイゾー」を演じているのは三遊亭鬼丸
・急遽必要になったゴゴモンズの番組内で使われるいくつかの音声が数日で用意された

さらに、3月12日のFM NACK5『ネクスコ東日本 Presents カメレオンパーティー』(パーソナリティー:土屋礼央、佐々木もよこ)にさくまひできとゆうかりしずるがゲスト出演した際のトークが気になったので書き起こしてみました。

土屋礼央「ゆうかりしずるさんとのこういうコンタクト(?)初めてなんで、どういう距離感でしゃべっていいのかわかんないですけど」
ゆうかり「あ、そうですか」
土屋礼央「月、火よくお会いしてたんで」
ゆうかり「…それはたぶん似た方ではないかと思うんですけれど」
土屋礼央「あっはっは」
ゆうかり「世の中には3人の似た方がいらっしゃるというのを聞いたことがございますので」
土屋礼央「じゃゴゴモンズのスタッフとゆうかりしずるさんともう1人誰ですかね?」
ゆうかり「誰かいらっしゃるんですかね〜?」

「いばらキラキラ…茨城」のオンエア後のトーク
土屋礼央「ゆうかりさん、なんかさっき急にちょっと大人の顔してましたけど」
ゆうかり「そうですか?」
土屋礼央「(笑) ちょっと月曜日の打ち合わせすんのやめてもらっていいですかね(笑)」
ゆうかり「それは何の話でしょうか?礼央さんも上手いんだから」

ゆうかりしずるさんの正体は、やはりゴゴモンズのスタッフなのでしょうか!?