IMEが学習してしまった単語を削除する方法

パソコンで日本語入力にIMEを使用していて、余計な単語を学習してしまった場合にその単語を変換候補から削除する方法です。

A. 検索して削除する
IMEの言語バーの[ツール]から「辞書ツール」を開きます。[ツール]メニューから「抽出」を選んで読みの抽出範囲を指定(空欄のままでもOKです)、登録の種別で学習単語にチェックを入れて検索します。一覧が表示されるので、削除したい単語を選択してDelキーを押して「はい」を選んで削除します。

B. 変換中に削除する
上記の検索で見つからない場合は、テキストでもどこでも構わないので単語を入力して変換候補を表示させ、削除する単語を選んでCtrl+Delキーを押すと削除するかどうか聞かれるので「はい」を選択すると変換されないようになります。
ちなみに、IMEの言語バーの[ツール]から「辞書ツール」を開いて単語の一覧を表示させ、品詞が「抑制単語」となっているものを選択して削除すると、削除した単語を再び使用する(変換候補にする)ことができます。