デジタル一眼レフカメラはイイです!

デジタル一眼レフカメラを使用しての感想です。銀塩(フィルム)カメラと比べて、ISO100〜400程度の標準感度ではそれほど画質に差はないように見えますが、ISO1600の超高感度になると画質はデジタルの圧勝でした。フィルムの現像は1円プリントだったので、その分画質は良くないかもしれませんが、1枚数十円するようなところに出す気にはなれないので1円プリントにしています(^^;
デジカメで感度を上げるとノイズの問題があるようですが、実物大で表示して多少気になる程度で、フィルムの写真の画質を考えれば大したことはありません(カメラの性能にもよると思いますが)。写真暦1年の人が銀塩で撮影するよりも、初心者がデジ一眼を使った方がきれいに撮れる気がします(汗)
デジカメだと初期投資のみでフィルム代や現像代を気にすることなく撮影でき、画像をその場で確認して露出やホワイトバランスの調整もできるので、銀塩に比べて失敗が格段に減るでしょう。

デジタル製品は以前よりも安くなってきているとは言っても、高価なものに変わりありません。しかし、デジタルレコーダーの時もそうでしたが、価格の分あるいはそれ以上に「買って良かった」と感じます。"欲しい時が買い時"というのは、まさにその通りだと思います(^^









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません