WordやExcelが使えれば取得できる資格!

MOUSは「Microsoft Office User Specialist」が正式名称でしたが、2003年11月1日より「Microsoft Office Specialist」に名称が変更されました(MOSと略せないようです)。
このMicrosoft Office Specialistは、マイクロソフトが主催する民間資格で、WordやExcelなどの技能を測る試験です(1科目ずつ別の試験です)。「エキスパート」(旧名称:一般)と「スペシャリスト」(旧名称:上級)の2種類があり、WordやExcelをよく使っている方はもちろん、あまり詳しくはないけれどそれなりに使うという方も、受験するしないは別として、エキスパートの試験の勉強をすれば基本的なことは一通り覚えられますし、覚えたのであれば合格することができます。
パソコンスクールで合格するための講座が開かれていますが、何万円も出さずに参考書(問題集)を1冊買って勉強すれば十分です。私が使用した参考書は、ローカスというところから出ているトップマネジメントサービス著のものです。
私はWordやExcelをよく使いますが、勉強しなければ合格はできなかったと思います。個人的な感想として、Wordの試験内容よりもExcelの試験内容の方が簡単だと思いました。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません