優勝決定戦で琴欧州が敗れて朝青龍が6連覇

13勝2敗で並んでいた琴欧州と朝青龍が共に勝って優勝決定戦になりましたが、またも琴欧州が負けてしまって朝青龍が優勝して6連覇を達成しました。琴欧州は先場所も優勝を逃しているだけに残念でなりません。大関陣が不甲斐ないので、朝青龍の連覇を止めるのは琴欧州しかいません。
高見盛は負け越し、普天王も初日こそ朝青龍に勝ったものの負け越しでした。
大相撲を見ていて思うのは、変化であっけなく勝負がつくのは面白くありません。立ち合いの変化を禁止にしてほしいです。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません