"ハンカチ王子" 早稲田実業の斎藤佑樹投手

夏の甲子園は決勝再試合で早稲田実業が駒大苫小牧に勝ち初の優勝を決めました。エースの斎藤佑樹投手がマウンド上でタオルハンカチで汗をぬぐう姿から"ハンカチ王子"と呼ばれるなりましたが、一体誰が名付けたのでしょうか?(^^;
ハンカチというのが上品で、王子というのに合っています。タオル王子では違和感が(笑)
エースで礼儀正しくて優勝して、まさに王子と呼ぶにふさわしいですが、なんだかよくできた設定です(汗)
ちなみに、斎藤投手は1988年6月6日生まれ、群馬県太田市出身です。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません