YAMAHA シネマステーション ミニ TSS-15

これまでオンキヨーのパソコン用のスピーカーをテレビやDVDに使用していたのですが、物足りなくなってきて5.1chスピーカーに興味が出てきました。しかし、配線や設置の問題が出てくるので2.1chサラウンドスピーカーや5.1chサラウンドヘッドホンを考えました。色々探しましたが、ヘッドホンは好きではないので却下、2.1chサラウンドスピーカーもイマイチそうでした。他に探していて見つけたのがヤマハの「シネマステーション ミニ TSS-15」です。5つのスピーカーは小さく、アンプはドルビーデジタルとDTSはもちろん、AACやドルビープロロジック2にも対応しています。結局これを買いました。
設置して5.1chの映画を再生してみると、迫力が全然違います。前から後ろに音が移動します。映画館と規模はまったく違いますが、それでも迫力は十分あります。まさに音に包まれているといった感じです。また、テレビの音声を聴いてみても標準のスピーカーとは違います。サッカー中継で使ってみたら、スタジアムの歓声が良く聴こえるようになりました。ステレオ放送を5.1chサラウンドのようにするドルビープロロジックIIという機能がイイです。
音量は小さな音から大きな音まで細かく調整でき、センター、サラウンド、ウーファーとスピーカーごとにも調整できます。リモコンは小さいながらも正反対から操作してもしっかり反応します。入力端子も豊富です。
色はホワイトと記載されていますが、本体の前面とリモコンが白で、スピーカーや本体側面などはシルバーです。
以上、簡単にレビューを書いてみました。5.1chスピーカーを使いたいけど設置環境に制限があるという方には最適な一品です。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません