落語家の林家たい平が「芝浜ゆらゆら」で歌手デビュー

落語家の林家たい平が「芝浜ゆらゆら」をリリースしました。
デビューのきっかけは、2月に出演した日本テレビの『歌スタ!!各界のど自慢ガチンコSP』で審査員の作曲家マシコタツロウが"よろしく札"を出し、落語の「芝浜」をもとにした曲作りを共同で進めて「芝浜ゆらゆら」が完成したそうです。7月に番組でデビューをかけて熱唱、コロムビアミュージックエンタテイメントも"よろしく札"を出してデビューが決まったとのことです。
笑点でいつも山田隆夫に突き飛ばされているものの、(ずうとるびで)紅白歌合戦に出たことがあると言われるので、それなら自分も紅白に出てやろうとCDを出したというようなコメントをしていました。
歌うとどんな感じなのかと思いましたが上手いです。試聴はこちらです。









トラックバック
トラックバックURL 
トラックバックの受信は承認制になっていますので即座に反映されません